育毛剤のあれこれです

育毛剤のあれこれ

育毛剤のあれこれ@

育毛剤とは

育毛剤と一口に言っても、色々な種類があり、 またそれぞれ使う用途が異なります。 育毛剤の使用を考える時、 髪が薄くなってきたときや抜け毛が増えてきた時、 ヘアスタイルにボリュームがなくなってきた時、 全体的に髪が少なくなってきた時など、 人により様々だと思います。 実はそれぞれの症状は原因が違いますので、 使う育毛剤もそれぞれ違うと言うことを 覚えておかなければなりません。 血行を促進したり栄養を補給したり、 男性ホルモンの分泌を抑制したり、 細胞を活性化したり、頭皮を洗浄したりと、 その原因に合う改善法を行わなければなりません。 よくありがちなのは、育毛剤を使いたいと考えた時に CMや雑誌で宣伝されているような有名な育毛剤を 使うことで満足している方が多いようです。 自分の薄毛や抜け毛の原因に合っていれば 問題はないのですが、もし原因が異なっていれば いくら使用すれど改善の見込みはないに等しいでしょう。 育毛剤は原因を改善するための成分を配合した 育毛剤を使用しなければ意味がありません。 まずは原因と症状をよく考え、 それに見合った育毛剤を正しい使用法で使っていきましょう。 そしてヘアサイクルにあわせ、最低3ヶ月は継続することです。 育毛剤のAtoZ

育毛剤豆知識

育毛剤とパーマ
パーマを何度も何度も繰り返すと、 髪が傷んでパサついてしまいます。 髪や頭皮への刺激が強いため、 パーマをかけることはかなり負担がかかってしまいます。 パーマをかけすぎると必ず薄毛になるとは言い切れませんが、 可能性は高いと思っていいでしょう。 パーマの薬液はとても刺激の強いものです。 その薬液で髪のキューティクルは傷ついてしまいます。 それを繰り返し行うと髪の水分はなくなり 枝毛や切れ毛となり、抜け落ちやすくなります。 そんな状態を避けるために、育毛剤で 傷んだ髪に栄養を与えてあげましょう。 育毛剤は何も抜け毛や薄毛になったからと言う理由で 使用するばかりではありません。 髪や頭皮に栄養を与えてくれますし、 細胞も活性化させてくれますので、 髪も頭皮も健康に導くお役立ちグッズとしても愛用できます。 抜け毛や薄毛の予防、そして髪の傷みを改善するためにも 使える1つで何役もある画期的なもの。 パーマを繰り返し行った時、 髪が傷んで枝毛や切れ毛があるとき、 紫外線で髪が傷んだ場合でも、 どんな時でも育毛剤で改善できるのです。 髪の傷みが気になる時は 育毛剤で髪を元気にしてあげましょう。
育毛剤とパッチテスト
育毛剤はカラーリングや白髪染めなどのように 髪や頭皮に負担がかかるものではないであろう。 逆に頭皮を修復するものであるため、 髪や頭皮は健康になるばかり! しかし育毛剤を使って頭皮が炎症を起こしたと言う方も 少なくはないのです。 同じ人間でも人によって体質が違います。 アレルギーを持っている方も、 今までアレルギーとは無縁だった方も、 育毛剤を使って頭皮に痒みが出たり フケが出たという場合もあります。 これでは育毛剤で頭皮を健康にするばかりか、 頭皮を傷めてしまっていることになります。 そんな状態を避けるためには、 育毛剤を始めて使う前にパッチテストを行いましょう。 パッチテストでアレルギー反応が出た方も大勢います。 パッチテストは白髪染めやカラーリングだけではなく、 育毛剤を使う前にも必ず行うようにしましょう。 たくさんある育毛剤の中には 強い成分が配合されているものもあります。 副作用の心配などもありますので、 誰にでも使って問題はないとは100%言い切れません。 成分表を見ただけでははっきり言ってわかりません。 肌トラブルが起こらないためにも どんな育毛剤でもまずパッチテストを心がけましょう。
育毛剤とビタミンA
世の中のビタミンは数多く存在します。 同じビタミンでもそれぞれ効能が違いますので、 その用途に応じて摂取していきたいものです。 ここではビタミンAについてをお話したいと思います。 健康な肌作りをしてくれるビタミンAは、 頭皮を健康にしてくれる意味では 育毛に非常に効果のある栄養素だといえます。 ビタミンAが不足していると 頭皮が乾燥しやすくなります。 頭皮が乾燥すると抜け毛の原因になりますので、 注意しなければなりません。 しかしいくらビタミンAが必要だからと、 過剰摂取も良くありません。 ビタミンAを過剰摂取すると頭皮が硬くなって 逆に薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。 ビタミンAを含む食材には、卵や乳製品、ほうれん草、 にんじん、カボチャ、ウナギなどがありますが、 大切なことはバランスの良い食生活の中に ビタミンAを取り入れるということです。 ビタミンAばかりを摂取しても栄養が偏ってしまいますので、 バランスよく摂取していきましょう。 髪や頭皮には育毛剤を。 そしてビタミンAを摂取して カラダの中から肌を健康にしていきましょう。
育毛剤とビタミンE
抜け毛や薄毛には育毛剤ですね 育毛剤をひたすら毎日使い続け、 頑張っている人もいるでしょう。 もちろん、育毛剤は継続することが重要なのですが、 より高率良く効果を高めるために ビタミンEに注目してみましょう。 ビタミンEには活性酸素を除去する働きがあります。 さらに過酸化脂質の生成を抑制する働きもあります。 この過酸化脂質こそ、脱毛の原因となるのです。 過酸化脂質が頭皮の細胞を破壊してしまい、 抜け毛が始まります。 また、ビタミンEには血行促進作用もあります。 血液がドロドロになり、血行不良が起こります。 この血液をドロドロにする悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、 血流を促進します。 育毛剤の使用にビタミンEを摂取することで、 育毛効果を高めることができるのです。 しかしビタミンEは体内で作ることができません。 食事で摂取できれば1番良いのですが、 ほかの栄養素とバランスよく摂取することは なかなか難しいようです。 そんな時はサプリメントで摂取すると、 より効率よくビタミンEを取り入れることができます。 育毛剤の効果がなかなか実感できないと言う方は、 ビタミンEを併用してみてはいかがですか?
育毛剤とブラッシング
ブラッシングは女性なら1日に何度も行うかと思いますが、 男性はブラッシングは朝だけと言う方も多いでしょう。 しかしブラッシングは髪や頭皮にとって 非常に大切だと言うことをご理解いただきたいと思います。 ブラッシングをすると汚れを浮き上がらせることができます。 そしてフケの除去、頭皮の血行さえ促進することができます。 ですがブラッシングの方法に関して 注意しなければならないことがあります。 まずは毛先のもつれを取り除いてからにしてください。 無理なブラッシングは髪を傷めてしまいますので、 毛先を優しくほぐしてから全体を ブラッシングしましょう。 次に、頭皮は優しく刺激するつもりで行いましょう。 血行を促進する意味では多少の刺激は必要ではありますが、 過度の刺激を与えると頭皮に負担がかかります。 またシャンプー前には必ず行いましょう。 シャンプーはつけすぎるとこれもまた刺激になります。 ですので、ブラッシングで事前に汚れを浮き上がらせておくと シャンプーは少量で済みます。 念入りにシャンプーをしたつもりでも、 汚れが残っていたり、必要な皮脂まで落としてしまうと 育毛剤の効果が薄れてしまいます。 正しいブラッシングで育毛剤の浸透をサポートしましょう。
育毛剤とヘアサイクル
私たちの髪は誰にでもヘアサイクルというものがあります。 毛周期とも言いますが髪は伸び、抜けてまた生えるという サイクルを繰り返しています。 これをヘアサイクル、または毛周期と言います。 成長期、退行期、休止期と3つの周期を繰り返し 髪は成長を続けているのです。 個人差により多少異なりますが、 成長期は髪が成長を続ける期間で2年〜6年 退行期は髪の成長が止まる期間で2〜3週間 休止期は髪が抜け始める時期で2〜3ヶ月となります。 抜け毛が増えたり薄毛になる人は このヘアサイクルが乱れてしまいます。 成長期が短くなり休止期に入ってしまうため、 薄毛の症状があらわれるのです。 このようにヘアサイクルが乱れた状態では 育毛剤の効果は発揮できません。 育毛剤は頭皮環境が整っていなければ 効果がでませんので、乱れたヘアサイクルを 正常なサイクルに戻さなければなりません。 ヘアサイクルを正常に戻すには 頭皮を健康にしなければなりません。 多少時間がかかりますが、 育毛剤の効果を実感するためには 頭皮環境を整え、完全にサイクルを戻し 万全な環境に整えましょう。